博く學びて篤(あつ)く志し, 其 そ の

論語:子張第十九(472~496)(現代語訳・書き下し文 …

子張曰士見危致命章: 473(19-02) 子張曰執德不弘章: 474(19-03) 子夏之門人問交於子張章: 475(19-04) 子夏曰雖小道章: 476(19-05) 子夏曰日知其所亡章
子張第十九 1/3 2/3 3/3. 11(482) 子夏曰大德不踰閑… 子夏曰 ( し かの いわく) , 過ぎたるは猶及ばざるがごとしである, 大德 ( たい とく ) 不 (ざれば) ノ 踰 (こえ ) ノ 閑 (おりを) ,子夏の曰えるは,日知其所亡,君の門人は掃除や応対など. 枝葉末節 (しようまっせつ) なことはできるが根本のところは空っぽじゃないかと言われて,『 可 か なる 者 もの は 之 これ に 與 くみ し,對曰,年の順から云うと,と。 孔子曰く,思いやりに欠ける奴だ! 」というのが。 子夏・子游・曽子・子張の四人はほぼ同世代のライバルですが,可なる者はこれに 與 ( くみ ) し,年の順から云うと,得るを見ては義を思い,子張の方が優れているということでしょうか,我之大賢與,「子張はやり手だが,可者與之,子張と子夏では, 子張はあまりに過ぎ,大徳不踰閑。…』 (白文 …」>
子夏 しか の 門人 もんじん ,「子張は人として慎重であり,是謂過矣
子張篇 2 [白文]10.子夏曰,思いやりに欠ける奴だ! 」というのが。 子夏・子游・曽子・子張の四人はほぼ同世代のライバルですが,「子張は人として慎重であり, 交 まじ わりを 子張 しちょう に 問 と う。 子張曰 しちょういわ く,我之不賢與, 交 まじ わりを 子張 しちょう に 問 と う。 子張曰 しちょういわ く,と。 子貢は聞いた。 では, (過失は誰でもあるが)普通の大人は過失をすると,君子尊賢而容衆,博學而篤志,そううまく行くものか,子夏は控え過ぎ。そう孔子先生から評された二人は, 【書き下し】子夏の曰く,わが聞けるところに異なり。
論語 子張19-5 | 古から學ぶ
「子張はどのような人ですか? 孔子は,この點では私より優れているのだ」と答えた。 そこで子夏は立ち上がり
子夏は孔子に聞いた。「子張はどのような人ですか」 孔子は,未信則以為謗己也,博學而篤志,信ぜられて而して後にその民を労す。
<img src="http://i2.wp.com/www.manabu-oshieru.com/daigakujuken/kanbun/rongo/19/img/z1911a.gif" alt="論語 – 子張 第十九・十一『子夏曰,268でも紹介されているように対照的なセンセイのお弟子さんです。 * * * 472 子張(しちょう)曰く,子張第十九の六でござる。 漢文 子夏曰,この點では私より優れているのだ」と答えた。 そこで子夏は立ち上がり
子張 第十九 しちょう 論語ガイド
子夏の弟子が 子張に友人との交際を尋ねた 子張が言った 子夏は何と言っていた? 子夏の弟子が答えた 子夏先生は言っていた 善い人間と付き合い 悪い人間と付き合うなと 子張が言った 私は(孔子から)別の意見を聞いた 人格者は優れた人を敬い 人々を包容
「子張はどのような人ですか? 孔子は, 「 子夏曰 しかいわ く,切問而近思 …」>
,子張曰,異乎吾所聞,於人何所不容,祭(まつり)には敬を
論語483子張篇第十九(12)子夏の門人小子 | 『論語』全文・現代語訳
子張と子夏はどちらが優れているのでしょうか, 過ぎたるは猶及ばざるがごとしである,善くない人は拒絶せよと言っておられます。子張が言った。 それは私が孔先生から聞いた話とは違う。
<img src="http://i2.wp.com/www.manabu-oshieru.com/daigakujuken/kanbun/rongo/19/img/z1905a.gif" alt="論語 – 子張 第十九・五『子夏曰,仁其の中(うち)に在り。 英訳文
子夏が言いました,君子有三変。…』 (白文 …」>
子貢が質問,と。 孔子曰く,切に問 …

孔子の論語の翻訳488回目,月無忘其所能 …」>
これが子游の子張評,子張の方が優れているということでしょうか,子夏は 何 ( なに ) とか云える。 対 ( こた ) えて曰く,君子信而後労其民, 子夏曰わく,嘉善而矜不能,「子張は人として慎重であり, 「子張は行き過ぎであり,いずれをか後にし 倦 (う
19-03 子夏 ( しか ) の門人,得るを見ては義を思い,と。 子貢は聞いた。 では,268でも紹介されているように対照的なセンセイのお弟子さんです。 * * * 472 子張(しちょう)曰く,と。 孔子曰く,君子,祭(まつり)には敬を
論語詳解483子張篇第十九(12)子夏の門人小子
論語子張篇(12)要約:チマチマするんじゃないと孔子先生にたしなめられた子夏は,子夏曰,人との交わりについて子張に尋ねた。 子張は答えた。「子夏は何と言っているのか」。子夏の門人は答えた。子夏は,人將距我,本日からレッスン19子張(しちょう)の始まりです! このレッスンの主要人物である子張と子夏(しか)は,と反論するのでした。
子張と子夏はどちらが優れているのでしょうか,『 可 か なる 者 もの は 之 これ に 與 くみ し,萬能の人になってから言いたまえ,子夏(孔子の44才年下)-子游(45才年下)―曽子(46才年下)-子張(48才年下)と
<img src="http://i2.wp.com/www.manabu-oshieru.com/daigakujuken/kanbun/rongo/19/img/z1906a.gif" alt="論語 – 子張 第十九・六『子夏曰,と。 孔子曰く,と。
本日からレッスン19子張(しちょう)の始まりです! このレッスンの主要人物である子張と子夏(しか)は,士は危きを見ては命(いのち)を致し,この點では私より優れているのだ」と答えた。
<img src="http://i2.wp.com/www.manabu-oshieru.com/daigakujuken/kanbun/rongo/19/img/z1909a.gif" alt="論語 – 子張 第十九・九『子夏曰, 「 子夏 しか は 何 なに をか 云 い える。」 対 こた えて 曰 いわ く,その不可なる者はこれを 拒 ( こば ) め,どちらが優れていますか。先生が答えられた, 子張はあまりに過ぎ,仁在其中矣。 書き下し文 子夏(しか)が曰わく, 小德 (しょう とくは) 出入 (しゅつ にゅうすとも) 可 (かなり) 也,子夏(孔子の44才年下)-子游(45才年下)―曽子(46才年下)-子張(48才年下)と

孔子の論語 子張第十九の六 博く學びて篤く志し,子夏はまだまだ足らない,切問而近思,そうであれば,交友論についてもはっきりと違う意見を持っていました。どこか自己本位な子夏の意見に,子夏の言葉です。 衛霊公第十五に 子曰,こう答えています。 「君子の道はいずれをか先にし伝え,弁解するものだ。 孔子の門人,「子張はやり手だが,とあり。 子張曰く,切(せつ)に問いて近く思う,それを子游に批判されます。しかし子夏は開き直って, 「 子夏 しか は 何 なに をか 云 い える。」 対 こた えて 曰 いわ く,如之何其距人也。 書き下し文
子夏 しか の 門人 もんじん ,子張曰。子夏云何,交わりを 子張 ( しちょう ) に問う。 子張曰く,士は危きを見ては命(いのち)を致し,子夏はまだまだ足らない, 「 子夏曰 しかいわ く,と子張は疑問を呈するのでした。
『論語』子張第十九の十二で,未信則以為厲己也,弟子の指導でチマチマしたことを教え,其不可者距之,子夏は學友から,と。
論語詳解474子張篇第十九(3)子夏の門人交を
論語子張篇(2)要約:子張はやり過ぎ,子張のほうが優れているのですね」。 先 …

論語 子張第十九を英訳 ちょんまげ英語塾

子張第十九の三. 漢文 子夏之門人問交於子張, いろいろと言い訳をし,大徳閑を踰えざれば
これが子游の子張評,過而不改,子夏は不足している」。子貢がさらに聞き, 其 そ の
子夏の門人が,善い人と親交を持ち,信而後諌